施術が向かない人もいる

カウンセリング

向いている人の特徴とは

メスを使わずに小顔効果を発揮するボトックス注射ですが、施術を受ける上で気を付けたいポイントがあります。それは、どのような人もボトックス注射を受ければ顔を小さくできるということはなく、向いている人と向いていない人とがいるという点です。顔が大きく見える原因としては大きく、骨格自体が大きい・脂肪が多くついている・エラ部分の筋肉が発達しているという3つに分けられます。ボトックス注射で小顔効果を得ることができるのは、この3つの原因の中でエラ部分の筋肉が発達しているタイプのみです。この施術は筋肉の動きを弱めるボツリヌストキシン製剤という薬剤によって、様々な美容効果を発揮するものです。エラ部分にある咬筋という筋肉が歯を食いしばるクセなどで、大きく発達していると筋肉の分、本来よりも顔は大きく見えます。筋肉は使えば使うほど大きくなり、使わないと逆に細く小さくなるという性質がありますが、この作用で小顔にするのがボツリヌストキシン製剤の特徴です。エラ部分にボツリヌストキシン製剤を注入し、咬筋の動きを抑制することで少しずつ小さくし、最終的にエラ部分をシャープにしていきます。奥歯を噛みしめたときエラ部分がポッコリと膨らむという場合、咬筋が大きくなり顔のサイズもアップしている可能性が高いです。このような状態になり顔が大きく見えるという人は、ボトックス注射での小顔整形が向いている人と言えます。逆に顎やエラ部分の骨自体が大きいという人や、脂肪がついて顔が大きく見えるという人は、筋肉にしか作用しないボトックス注射は向いていません。ボトックス注射での小顔整形にチャレンジしたいという場合、まず行っておきたいのが施術を受けるスケジュールを決める下準備です。美容整形を受ける上で「いつ受けるのか」、施術のタイミングを決めてスケジュールを立てておくのは、必ず行いたい下準備の1つです。メスを使わないボトックス注射の場合、術後ほとんど施術部位に腫れなどの症状は現れないため、スケジュールを立てるのも比較的難しくないでしょう。例えば、連休初日に施術を受けて2日程度は自宅で安静にする、そして連休明けには仕事へ行くということも、術後の回復が早いボトックス注射は可能です。また、カウンセリングで医師で聞きたいことや、どのような輪郭を希望しているかなどをメモしておく準備も必要です。美容整形を行っている美容外科クリニックのほとんどは、いきなり施術を行うようなことはせず、まずはカウンセリングをします。カウンセリングで美容整形の内容や費用などの説明が行われるのですが、より安心して施術を受けるためには患者側も積極的に質問するべきです。特に美容整形は患者と医師の間で、どのようなデザインにするかイメージを共有しているかどうかが、仕上がりを大きく左右します。ただ小顔になりたいというだけでなく、どのような輪郭にしたいのか細かいイメージを医師に伝えることが大切です。医師を目の前にすると伝えたいことを忘れてしまう恐れもあるので、前もってメモして質問したいことや相談したいことをまとめておきましょう。なりたい輪郭の他にも術後のアフターケアの方法や、もしもの時に備えてボトックス注射で起こる可能性があるトラブルなども、カウンセリングで聞いておくと安心です。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔を目指す【はじめての人でも受けやすい施術】 All Rights Reserved.